耐震補強、水廻り、リフォーム、その他建築の事なら

ヒカリホーム


助成金制度 新座市では下記の条件を元に、耐震工事において助成金を交付しております。
助成金の交付の対象となる建築物は、市内に存する昭和56年5月31日以前に着工された地階を除く階数が2以下の一戸建ての木造住宅(延べ面積の2分の1以上を居住の用に供するものに限る。)で、建築確認(建築基準法(昭和25年法律第201号)第6条第1項に規定する建築主事の確認をいう。)を取得しているものとし、耐震診断により上部構造評点が1.0未満又は地盤若しくは基礎が安全でないと診断されたもの。
また、上記にかかわらず、市長が特に認める建築物を対象建築物とすることができます。

対象者は、下記のとおりとなります。
(1) 市内に住所を有していること。
(2) 対象建築物を自己又は1親等の親族が所有していること。
(3) 対象建築物に居住していること。
(4) 市税等を滞納していないこと。
(5) 建替工事にあっては、自己の居住の用に供すること。
(6) 耐震シェルター等設置工事にあっては、要援護者が対象建築物に居住していること。

まずはご相談ください。

住宅ローン減税制度 財務省より、住宅ローン減税制度の概要について公開されています。
下記よりご確認ください。

住宅ローン減税制度の概要
Copyright (C) 2014 kk-hikarihome.com. All Rights Reserved
ページトップへ戻る